スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しのさん 27歳、85点 後編

  23, 2015 02:43
しのさんは…

 ①クリに道具を使えばイケる。
 ②クリでも手だけじゃイケない。
 ③中ではイッたことが無い。


…なので今回は手を使ってクリでイカせるのを目標にしていました。
私の考えでは性感マッサージ師が道具を使うのは邪道と考えてるのですが一般的にどうなんですかね?
みんな道具使ってるものなのかな?
私は、いろいろネットを徘徊していて女性の意見で「お金を払って性感マッサージ頼んでるのに道具使うなんてありえない。それなら自分でやっても一緒じゃん!」て書いてあるの見てそういうものなんだーなんて頭の中にインプットされちゃっています。




本気を出してクリを指で攻めていました。
本人に気持ちの良い所を確認しながら。


…すると

「クンニするのは嫌なの?」と聞かれたので
「クンニ?あんま好きじゃない」
「怖い?舐めれる?」
「んー」と言いながらクンニの体制に入ります。
「ついに、ついに動いた!」
「こんな?」ペロペロ

…ペロペロペロペロ

「そうそうそうそう」
ペロペロペロペロ
「そう、それだ!それでいこう!」
ペロペロペロペロ
「あ、でも気持ちいい」
ペロペロペロペロ
「あ、いいよ、なかなかいいよ?」
ペロペロペロペロ
「思ってたよりいいじゃなーい」
ペロペロペロペロ
「指より舌の方が濡れてる感じで気持ち良い」

…と文字におこしたらとても馬鹿っぽいんですが
18年ぶりのクンニですよ!!


そのときちょっと思ったのがやっぱり完全初対面の人にクンニするってのが抵抗有るのかなと思いました。
まあコンディションの問題なのかも?
クンニをものにすればこの先楽になると思うんですがねー(*´ڡ`●)

しばらく舐めてたらずっと見られてるのが恥ずかしいのでアイマスクをしてもらいました。
あんまり反応ないなーなんて思いながらしばらく舐めてると

「んん…ん」

来ました来ました(^^)
結構小波を時間かけて積み上げていく感じですね。

「んんー、んっんっ…んーー」

ひさしぶりにクンニしてみて気づいたんですが V ゾーンにしか毛が無くてもクンニってやりづらいもんですね。
ずっと鼻にチロチロチロチロ当たっててくすぐったかったです(*´ω`*)
I、O ゾーンに毛があったら相当舐めにくいだろうなーなんて思ったり。


初心者なもんで 20 分位で疲れたので、指を挿入して中を刺激していきます。

「んん!んーーーん…うん、あん!」
「んんんんんんん!んんんん!」


と相当良い反応です(*´ω`*)

主に子宮口手前のへそ側が反応良いので集中的に攻めます!

「…おし っこ出そう。」
「いいよ、リラックスして」

前回と同じパターンでしたので落ち着いて対応しましたがやっぱり泣いてしましました^^;
お酒も試してみようと思いましたが飲めないとのこと。


小休憩をした後…

くすぐられたり
パイズリしてくれたり
乳首舐められたり
残ったオイルを使ってローションプレイしたり

…色々楽しみました(*´ω`*)


すこしまったりしようと二人で裸で布団に入り
腕枕をしてソフレ風に。


やっぱりまだ物足りないのでしのさんに左側を向いてもらい私も左向き。
私が左腕で腕枕しながらしのさんの背中に抱きつく感じ。

このポジション、私の大得意の攻めの格好で、右手でクリを攻め、舌で耳を攻め、左手で右乳首をいじる 3 点攻め。 しかも背中にお腹をピタッとくっつけるので人の熱も感じられる。

しばらく攻めててもう喘ぎっぱなしなので喘ぎ声は省略しますが、もうビビるぐらいの愛液ドロドロ^^;
でもイカない。

クリは諦めて、乳首舐めながら膣内へそ側を刺激!
もう気持ちよさそうなの超えて苦しそう(´・ω・`)
なんか言ってるけど呂律が回ってない感じ。


その時・・・

「もしかして私はイッてるのかな?」
「え?」
「イッてるのかなぁ?女の人でイッても自覚のない人っているじゃん?」
「うん」
「もしかしたらそうなのかと思ってきた」
「中は中で気持ち良いし、これ以上になるかっていったらそうじゃないんだよね」
「気持ち良いのは気持ち良いんだよ、だって人間バイブだもん」
「気持ち良い・・、気持ち良いどころじゃないって感じ?」


って話になって休憩ッス(´・ω・`)


ここからイクっていったいなんだろう?討論です。
もー全然わからんなー、たまたましのさんがイキにくいのか、もしかしたらイッてるのか。
でもバルーン現象になってないから多分イッてないんじゃないかなーなんて思ったり。
俺の技術が足りないか?そもそもやってることが間違ってるか?

全然わかりましぇーん(o・ω・o)


「どうなれば満足なの」
「どうしたら…とりあえず気持ちよければ私は構わない。」
「イクとかイカないとかは関係ない。」

「あ、そう、んーそれが多分男にはわからない感覚。」
「そうだねー女性は射精をしないので気持ちよければ良いみたいな?」
「そうすると終わるタイミングがわからないよねー」
「あー、そうだねーたしかに。」
「でも女の人はがっかりしないと思うよ!」


こんな討論してました。

もしこの記事を見てくれてる女性で、有料の性感マッサージを受ける際の理想の終わり方をコメントして貰えたら嬉しいです。
ほんとに迷ってます(○´・Д・`)ノ


ここで満足度にしたら何点かを聞きました。
この時は 90%くらいって言ってたんですがなぜか感想では 85%に落ちてました
その後にマイナス点がなんかあったのでしょうかね( ̄。 ̄)?


しばらく討論してたら

「多分私普通におし っこ出る。見たい?」
「見る!」即答!

お風呂場でお互いおし っこするの見せ合ったりしてホントに楽しみ過ぎました。


残り時間 1 時間くらいになったのでタントラセックスの説明でよくある、対面座位で挿入しっぱなしの体位をやってみようとしたのですが、もう二人共脳みそが切り替わってて濡れないわ、勃たないわで時間が無くなってしまったので普通にセックスをして終わりました。

タントラは時間が有る時じゃないとね!

しのさんは 1 人でする時、うつ伏せ+足ピンでクリにおもちゃを当てるスタイルとのことなので、一番近い寝バックして時間を終えました。

8 時間のフリータイムにしたのにけっきょくシャワー浴びる時間が無かったという時間配分ミスといういつものやーつでした(´・ω・`)



めっちゃ長文になっちゃいましたねー。

以下、しのさんの感想です。




だっくんが事前にリサーチしてくれたホテルが値段の割には広くてお洒落でアメニティも良かったので嬉しかったです。
前回会った後に「エステみたいな紙パンツあった方が良いかも」と言ったら今回は用意してくれてました。
私は二回目の依頼だったので、初回よりもオイルマッサージの手付きが良くなったと感じました。
オイルの分量も前回足りなくて継ぎ足したりしてましたが今回は丁度良かったです。
手のひらの感触が気持ち良かったです。
痛いと感じた箇所に関しては、力を弱めてじっくりほぐしてくれました。
私が気持ち良いと思う顎→耳→首筋にかけてのリンパマッサージをだっくんにやったら、同じ様にやってくれて向上心を感じました(^-^)
そして今回は舌で背中や耳を舐めたりクンニもしてくれました。
右耳が敏感だと教えたら沢山舐めてくれました。
背中もうつ伏せになっているので不意打ちで感じました(〃∇〃)
クンニはあまり得意ではない風に聞いていましたが、予想外に気持ち良かったです☆
あくまでも舐め犬さんではないのでやや申し訳ない気持ちになりましたが…クンニが出来るかはコンディションによるのかな?
ちなみにだっくんの口臭&唾液は煙草吸わない&歯磨き丁寧なのでとてもクリアでした☆
さすが綺麗好きですね。頭からも良い香りがしますし。
手でクリや膣のマッサージを結構長時間してもらって、快感ながらもおし っこ出そうで出ない&気持ち良いけどイけないもどかしさがしばし続き、結果イけなかったけど膣の中で色々感触を味わえて楽しかったです。
もしかしたら私がイっているのに自覚がないのかなぁ?
なんて思ったりもしますが…(^_^;
女性って不思議です。
おし っこするの見せあえたのも…きっと一回目だったらできなかっただろうな~
汚い系苦手ですがこれは何か大丈夫でした☆
時間が迫りつつも最後は挿入してくれました。
体位も何回か変えてくれるので飽きずに楽しめました(^-^)
反省点は今回は8時間フリータイムでしたが泡洗体や撮影が出来なかったのが心残りです。
ペース配分大事ですからね。
見える位置に時計を置いたり、時間計りながらやると良さそうです。
あと個人的な反省ですが、うつ伏せやオイルの影響で化粧崩れたのに化粧直しの道具を忘れ帰りはド素っぴんでした(^_^;)
なので元からナチュラルメイクが良いかなと。
髪もオイルが付くのが気になりだっくんがダッカールピン持参してくれたのでアップにしてましたが、暴れると崩れるので予めしっかり纏めておいた方が良いですね。
もしくはシャワーキャップ被るのも手っ取り早そうです。
点数を付けるとしたら 85 点くらいかな?
これからも頑張って下さい!





あと感想メールとは別のメールでしたが
「女性ホルモン分泌されてか?肌艶良いけど笑」
らしいです。





おわり!

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。